ありがちな借金パターン

クレジットカードやキャッシングのローンサービスで陥りがちなのが、少し返済してまた借り入れの枠ができると、またすぐ借り入れをしてしまうというパターンです。これをしてしまうと結局いつまでたっても借金が減らないという状態になります。特に実家を出ていて一人暮らしをしている若い人などは一ヶ月で数万円も返済していかなければならなくなると、他の必要な生活費を払ってしまうと、それだけでお金がなくなってしまい、余分な交際費などが残らないようになってしまうでしょう。こうした状況になると、多重債務を繰り返したり、返済してまた借りることの負のループからなかなか抜け出せなくなってしまう可能性が高いので特に注意が必要です。

借金このパターンが一旦カードキャッシングの借金にはまってしまうとなかなか抜け出せない典型的なパターンということになります。ひとつの消費者金融の返済をするために別の消費者金融から借り入れをするという流れで多重債務の道を突き進んでしまう人も多くいます

そしてやがてどこの消費者金融からも借りられなくなってしまい、月々の返済金の金額も高額になってしまい、いわゆる借金で首が回らない状態に陥ってしまうというわけです。こうした状態を早期に解決するためにも早い段階で他の人に相談するのが好ましいですが、家族などに相談するのが難しい場合はとにかく早く弁護士などに相談して任意整理など借金問題解決に向けて動き出す必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket