借金問題と弁護士

借金問題クレジットカードを持つことや消費者金融を利用することがすっかり一般的になってきて、買い物などが便利になってきた一方で、カードの使い方がまずかったり、安易に複数の貸金業者からお金を借りてしまったために借金問題に悩まされている人も少なくありません。特にいくつもの業者からお金を借りてしまっていて、毎月の利息の返済におわれているような状態を多重債務と呼びますが、このような状態に陥ってしまっている人も少なくありません。

こうなってしまったら借金の元本を減らすことが難しく、終わりのない借金のトンネルに迷い込んでしまったような気持ちになるかもしれません。さらに返済が滞るようになると、督促の電話や書面などが届くようになり、精神面でも大きなストレスが生じるようになるでしょう。

近年では総量規制が定められ、年収の三分の一以上の金額は借り入れができない仕組みになっています。そのため以前のような無茶な金額を借りることができなくなっているわけです。それでも年収300万円の人が100万円の借金をしてしまったと仮定するとそれをきちんと返済するというのはかなりの自制心が求められ、計画的に返済をしていかなければ、容易に返済が滞ってしまうという状態に陥るでしょう。中には家族に相談することで助けを得て、迅速に借金返済に向かうことができた例もありますが、多くの人は家族にも相談できずに長年借金に苦しんでいます。そのような場合は弁護士など専門家に相談することが必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket