過払い金相談をしよう

弁護士今現在借金の返済に苦しんでいる方の場合、またすでに借金をすべて返済した方の場合も、なかなか重い腰をあげて弁護士に過払い金の相談をすることができない人たちがいます。既に借金を返済した方の場合は、いまさら過去の借金問題を持ち出したくない、思い出したくないという気持ちからなかなか弁護士への相談に踏み切らない人がいるようです。

そして現在借金の返済を続けている人の場合は、自分の借金の問題を他人に相談するということ自体に抵抗を感じる人がいるのです。また自分の場合は過払い金問題には当てはまらないので、弁護士に相談しても無駄だと決め付けてしまっている人もいます。

しかし実際には過払い金が発生している可能性もありますし、仮に過払い金は発生していないとしても弁護士に相談することには大きなメリットがあると言えます。多くの借金経験者が弁護士に相談して任意整理をすることで苦しい借金生活から抜け出す道筋を得られたと語っています。もちろん実際に過払い金が発生している場合は、取り戻した過払い金で残りの借金の元本を一気に返済して借金ゼロの状態に戻すことも可能です。少しでも可能性があるなら弁護士に相談して過払い金請求をしてみることをおすすめいたします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

過払い金とは?

過払い金消費者金融での借金返済に悩んでいる方が劇的に状況改善できるかもしれない方法があります。もちろんこれはすべての人に当てはまる方法ではないのですが、特定に期間に消費者金融からお金を借りて返済していた経験を持つ方の場合、過払い金というものが発生している可能性があるのです。この過払い金とはいったいどんなものでしょうか?簡単に説明すると、貸金業者に余分に支払ってしまっていた利息のことです

なぜ支払いすぎてしまうということが有り得るのでしょうか。以前消費者金融業界は、民事上は無効であるグレーゾーン金利を使って、利息制限法の上限を超えた利息をとっていた時代があったのです。長年借金の返済を続けていた人ほどこの利息を支払いすぎている可能性が高いということです

つまり過払い金が発生している可能性が高い人の条件は、2010年6月17日以前にクレジット会社や消費者金融業者から借り入れを開始した方、そしてその借金を完済していたとしても、完済からまだ10年経過していない方も対象になります。それで今現在まだ返済を続けている方はもちろん、借金完済からまだ10年経過していないという方も、今からで過払い金を取り戻せる可能性がありますので弁護士に相談してみる価値はあります。

参考⇒⇒過払い金の無料相談_弁護士法人アディーレ法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ありがちな借金パターン

クレジットカードやキャッシングのローンサービスで陥りがちなのが、少し返済してまた借り入れの枠ができると、またすぐ借り入れをしてしまうというパターンです。これをしてしまうと結局いつまでたっても借金が減らないという状態になります。特に実家を出ていて一人暮らしをしている若い人などは一ヶ月で数万円も返済していかなければならなくなると、他の必要な生活費を払ってしまうと、それだけでお金がなくなってしまい、余分な交際費などが残らないようになってしまうでしょう。こうした状況になると、多重債務を繰り返したり、返済してまた借りることの負のループからなかなか抜け出せなくなってしまう可能性が高いので特に注意が必要です。

借金このパターンが一旦カードキャッシングの借金にはまってしまうとなかなか抜け出せない典型的なパターンということになります。ひとつの消費者金融の返済をするために別の消費者金融から借り入れをするという流れで多重債務の道を突き進んでしまう人も多くいます

そしてやがてどこの消費者金融からも借りられなくなってしまい、月々の返済金の金額も高額になってしまい、いわゆる借金で首が回らない状態に陥ってしまうというわけです。こうした状態を早期に解決するためにも早い段階で他の人に相談するのが好ましいですが、家族などに相談するのが難しい場合はとにかく早く弁護士などに相談して任意整理など借金問題解決に向けて動き出す必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借金問題と弁護士

借金問題クレジットカードを持つことや消費者金融を利用することがすっかり一般的になってきて、買い物などが便利になってきた一方で、カードの使い方がまずかったり、安易に複数の貸金業者からお金を借りてしまったために借金問題に悩まされている人も少なくありません。特にいくつもの業者からお金を借りてしまっていて、毎月の利息の返済におわれているような状態を多重債務と呼びますが、このような状態に陥ってしまっている人も少なくありません。

こうなってしまったら借金の元本を減らすことが難しく、終わりのない借金のトンネルに迷い込んでしまったような気持ちになるかもしれません。さらに返済が滞るようになると、督促の電話や書面などが届くようになり、精神面でも大きなストレスが生じるようになるでしょう。

近年では総量規制が定められ、年収の三分の一以上の金額は借り入れができない仕組みになっています。そのため以前のような無茶な金額を借りることができなくなっているわけです。それでも年収300万円の人が100万円の借金をしてしまったと仮定するとそれをきちんと返済するというのはかなりの自制心が求められ、計画的に返済をしていかなければ、容易に返済が滞ってしまうという状態に陥るでしょう。中には家族に相談することで助けを得て、迅速に借金返済に向かうことができた例もありますが、多くの人は家族にも相談できずに長年借金に苦しんでいます。そのような場合は弁護士など専門家に相談することが必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket